どこから水漏れしているかわからない時

水漏れしたときに、どこから漏れているかわからないと対処できずとても困りますね。

ここでは、「とりあえず家全体の水を止めてから、落ち着いて水漏れ箇所を特定する」方法をご案内します。

水漏れが止まらない_水道メーターのフタ

まずは水道メーターを確認

どこから水が漏れているかわからないときは、まずメーターを確認してみましょう。

メーターは家の水道管の入り口。メーターのパイロットが回っていれば、家の中の給水管のどこかで水漏れが起こっています。

水漏れが止まらないとき_水道メーター

パイロットが回っている給水管からの水漏れ
家の中の給水管から水漏れが起こっているので、止水栓を閉めないと止まりません。
パイロットが回っていない

給水管以外からの水漏れ
排水管の詰まりや接合部からの水漏れが考えられます。水道の使用を中止し、溜まっている水が全部漏れたら止まります。

屋外なら外部水道管(メーターの外側)からの水漏れの可能性があるので、自治体の水道局へ連絡を。

止水栓で水を止める

家の中の給水管から水漏れしているのがわかったら、メーターについている止水栓を時計回りに回すことで止められます。

メーターの止水栓を止めると家中の水道がすべて止まります。

当然トイレ等が使えなくなりますので家族がいるなら声をかけてから行いましょう。

水漏れを止めてから落ち着いて対処を

水漏れが止まったら、まずは落ち着いて被害状況の確認をしましょう。

あとあとカビが生えたり腐ったりする元になるので、水漏れ箇所はしっかり拭き取って乾かすことが大切です。

結局水漏れ箇所がわからないようなら、お住いの地域の給水装置修繕登録業者や指定給水装置工事事業者を呼んで下さい。

ゆい工房は新潟市北区の指定給水装置工事事業者です。

水漏れ箇所の特定

水漏れ箇所によっては、どこから漏れているか特定が難しい場合があります。

例えば床下や壁の中の配管から漏れている疑いがあるとき、壁や床を剥がしてみないと特定と修繕ができません。

そのように水漏れ箇所の特定に工数がかかる場合は、調査費用がかかりますのでご了承ください。(事前にご相談します。)

水漏れ箇所の特定

メーターの故障の場合

パイロットが回っていないのに給水管から水漏れする場合、メーターの故障の可能性も考えられます。

水道を流してみて、パイロットの動きを見てみましょう。水を出しているのにパイロットが動かないようなら故障です。

自治体の水道局に連絡してメーターを交換してもらいましょう。

メーターの位置を把握しておく

このように、急な水漏れを止めたいときは水道メーターの止水栓が頼りです。

自宅の水道メーターの位置を把握し、いつでも開けて確認できるようにしておきましょう。

これは毎月の水道検針のためにも大切なことです。

  • メーターボックスの上に駐車しない
  • メーターボックスの上に植木鉢などを置かない
  • メーターボックスの周りの雪かきをする

修理・見積もり依頼する

ゆい工房ってどんな会社?

ローン金利0円キャンペーン